地方創生事業

  • HOME
  • 地方創生事業

地方創生事業

Regional revitalization

ー地方と都心をつなぎ、地方移住などライフスタイルの変化を支援ー

関係人口の創出支援

「関係人口」という言葉をご存知でしょうか。

「関係人口」とは、移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、地域や地域の人々と多様に関わる人々のことを指します。

地方圏は、人口減少・高齢化により、地域づくりの担い手不足という課題に直面していますが、地域によっては若者を中心に、変化を生み出す人材が地域に入り始めており、「関係人口」と呼ばれる地域外の人材が地域づくりの担い手となることが期待されています。
総務省ホームページより引用:https://www.soumu.go.jp/

関係人口の創出とはその地域を知り、関心を高めて地域づくりに参画していく方々を創り出すことを目標としています。
株式会社YUKARIでは地方と都市をつないだイベントを企画・演出・広報戦略の提案をし、総合的にプロデュースを行います。
その結果、イベントに関わった方が、その地域の特徴や名産品、地域の人々を知っていただくことができます。
その結果、現地へ訪れてみたくなる、地域づくりに参画したくなるという効果を生み出します。

知ることから行動するへつながる。

そんな関係人口の創出に貢献してまいります。

 

地方移住と多拠点生活のコンサルティング

近年の働き方改革や2020年から急激に進んだテレワーク・リモートワークにより、職住接近の考え方から『仕事に縛られず、住みたい所に住む』考え方が広がっています。
オンラインツールの普及などで地方移住や多拠点生活を視野にいれた生活設計が可能になりました。
大手企業では本社を東京から地方に引っ越しする動きも出ています。

単身赴任という言葉はあと10年もすれば使われなくなる時代が来るかもしれません。

弊社では地方創生事業の一環として「地方移住や多拠点生活」を応援するコンサルティングを行っています。移住したい企業や団体そして個人の方と、移住を受け入れたい側の橋渡し役を行います。

そして双方がスムーズに新しいライフスタイル、ワークスタイルをスタートするためのお手伝いを行います。

 

官民共創事業におけるプロジェクトマネジメント

私たちのビジョンは『世界中にYUKARI(縁)の輪が広がり、人々がご縁を紡いでいく共創社会を実現していくこと』です。

私たちはご縁を糸のようなイメージでとらえています。

最初にご縁を結んだ時にはその1本の糸は細く、切れやすいものです。
その結ばれた糸を、大切に、継続して紡いでいくことで、強く太い絆という名前の糸になっていくものだと考えています。
このご縁の糸を紡いでいくことに株式会社YUKARIは特に価値を置いています。

「ヒト」と「ヒト」がつながることで、その周りにある「モノ」や「コト」同士もまたつながっていきます。
私たちは官民共創業の中で、地方自治体様などの『官』と企業や民間人材などの『民』とのご縁を紡ぎ、公共性と収益性を掛け合わせた事業をマネジメントしていきます。

我々が思い描いている共創とは、まさに「共」に「創」ることそのものです。

各地方自治体様が取り組まれているプロジェクトに対して、民間企業の運営で培ってきた力を発揮していきます。
また、可能な限り現地まで出向き、現地の方と語り合い机を並べながら創っていくことをモットーにしていきます。

誰もが自分らしく生きられる共生社会を共創するために、官と民が手を取り合い、その中心にいらっしゃる地域社会の住民の方や各コミュニティとも連携し、地域の活性化に貢献していきます。